雨女の虚勢*躁鬱な日々のあれこれ・・・


by kg-haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

a0077185_22595923.jpg


今夜もしんしんと冷え込んできましたね。

明日も寒そうです。

雪、降らないかな。。。


そんな今日に
姉からメール

題が「安否確認」


一瞬、ひやりとして携帯もつてが少し固まってしまった。


トラウマです。

未だ、この文字があたしを冷たい物で覆ってくる。

昨日はあたしが住んでる地区で非常時の放送?警報?訓練であの

不気味な音とともにまたまた不気味な声で「大地震です」を繰り返す。
携帯も非常時のコールが鳴った。

だめなんです。

未だ、この音があたしを冷たい物で覆ってくる。


それはいいとして


姉からメール

開いてみると

「無事ですか?
まさかあのトンネル事故に巻き込まれていませんか」

とのことだった。。。

わたし

「?????へっ????」


何故、そう思ったんだろうか?

多分、姉も心配性になったんだな。。。と、思ったのです。
今まで何があってもそんなメールを送ってくる人ではなかった。。。

何か胸騒ぐ事でもあったのか、不安になるとどうにもならなくなるんだろうと。。。

実際、今まで自分の家族は大丈夫と言った不確かな確信があった
だけどその不確かな確信がもろく崩れてしまった今に

今、こうして何事もなく生活している事は、実は奇跡的な事なのかもしれないと
思うようになっているのかもしれない。いつ、どんな事で、どうなるかなんてわからないのだから。

しかも、あたしはここで独りだ。
何があっても身元が分からない限り家族に連絡が行く事はない
となると。。。心配するのは当然となってくる。。。


家族が、転々とは慣れて暮らしている
それぞれにそこが生活の中心となって生活している。

今までは核となる、実家があって、父さんがいて母さんがいて、弟家族があって
そこが核となってバラバラでもしっかりと繋がっていれた気がする

連絡を豆にしなくても
確立した物があったように思う

今は何かしらしていないとふっと切れてしまいそうな細い糸で皆が繋がっているような気がしてならない。。。

弟、独りあの家にいて独りの生活に慣れようとしている

「慣れたよ、やっと慣れた・・・」と言っていたけど

いや、まだ辛いだろうと思って心が痛む

だけど、言えん

「そっか」となにげに聞いた振りをする。。


今は、姉弟が細い糸でもしっかりと繋がっていなければならないんだと
切に思う

といっても、あたしはこの通りだからな。。。


とりあえずだ

姉からの安否確認
「????   へっ???」

とは、思ったけど、色々、思う事は沢山あったわ。

心配してくれる人がある事のありがたい事と言ったら、、あたしは幸せかもな。。。



姉様
ありがとうございます。




妹より
[PR]
by kg-haru | 2012-12-04 22:59